千葉雄大は何者?siriの名前は?映画「スマホを落としただけなのに」10の疑問を考察

新作映画

映画「スマホを落としただけなのに」

 

提供元:http://www.sumaho-otoshita.jp/index.html

 

映画を観た後に、いくつか疑問が生まれた方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、そんな疑問を私なりに考察していきたいと思います。

 

それでは、さっそくどうぞ!

 

 

 

【※以下、ネタバレしております。全く問題ない方だけ、どうぞ】

 

 

 

小柳(バカリズム)の正体は?

 

会社で実際に動いている小柳=本物、SNSの小柳=野(成田凌)です。

本物の小柳が麻美(北川景子)を狙っていたのは過去の話。今では、本当にただの同僚です。

ストーカーまがいのメッセージを送っていた小柳は、全て、浦野のなりすましです。

映画後半で富田(田中圭)が小柳に詰め寄るシーンがありますが、そこで小柳のアカウントが2つあることが判明しました。

つまり浦野は小柳のアカウントを乗っ取ったのではなく、小柳の名前で新アカウントを作り、それで小柳になりすまして麻美に連絡をとっていたのです。

麻美の投稿にコメントしたのも、友達申請を送ったのも、メッセージを送ったのも、全て小柳の偽アカウント(中身:浦野)です

 

セキュリティ会社に務めるトベの正体は?

 

こちらも、(成田凌)のなりすましです。

だたし、加奈子(高橋メアリージュン)の知り合いというエピソードが出ましたから、実在はするし、実際にアカウントもあるのでしょう。

しかし、麻美に友達申請を送ってきたアカウントは、浦野が作った偽アカウントです。

インターネットセキュリティの注意勧告などが凝っているので、

これは偽アカウントではなく「本物のアカウントが乗っ取られてるんじゃないか?」とも思ったのですが、

もしそうなら、セキュリティの専門家のアカウントが乗っ取られていることになるので、ちょっと考えにくいです。

ですからこちらも、もう1つアカウントを作ったと考えるのが自然でしょう。

 

監禁場所にあった複数のカツラは?

 

誘拐された麻美(北川景子)が目を覚ましたとき、目の前に、カツラを被ったマネキン達が並んでいましたね。

あれは一体、何を表すのでしょうか?

山奥で発見された死体は、髪が切り取られていました。

恐らくあのカツラたちは、今まで殺害された女性たちの髪の毛で作られたものだと思います。

 

siriのような機能は?

 

浮気を疑われた富田(田中圭)が誤解を晴らそうとするシーン、

監禁された麻美(北川景子)が助けを求めるシーンで、siriのような機能を呼び出していましたね。

映画中では、「ネオ」と呼ばれています。

 

美奈代の髪が急激に伸びた?

 

美奈代が麻美に成り代わり、自殺した麻美の遺体を確認するシーン。

ボブだったはずの彼女の髪が急にロングになっていて驚いた方もいるのではないでしょうか。

恐らくあのときは、一時的に麻美に見えるよう、カツラを被っていたのだと思います。

その後整形手術をし、髪も伸び、完全に麻美に成り代わったのですね。

 

麻美(北川景子)はなぜ逮捕されないの?

 

麻美のやっていることって、普通に罪に問われることですよね。

なぜ麻美が秘密を暴露したのに逮捕されないのか?

それは、まだ警察にバレていないからです。

加賀谷(千葉雄大)たちが駆けつけたときには既に麻美の告白は終わっていました。

ですから、警察はまだこの事実を知らないのです。

 

加賀谷(千葉雄大)は何者?

 

彼は、正真正銘の正義の刑事です。

この事件は「幼少期、母親が愛してくれなかったこと」が動機でした

幼少期同じような状況だった加賀谷は、捜査を進めるうちに犯人の動機が分ります。

そして同時に、自分の幼少期を思い出します。

母親に愛されなかったという共通の記憶を持った2人

しかし、過去の記憶に縛られたままの犯人に対し、加賀谷はしっかりと現実を生きています

犯人に感情移入ができる加賀谷は、その能力をしっかり捜査に活かしたのです。

 

加賀谷(千葉雄大)は、分かれ道でなぜ右を選んだ?

 

カーナビで、右は遊園地でした。遊園地は、子どもを連想させますよね。

犯人に感情移入ができる加賀谷は、

”犯人は、まだ幼少期の記憶の中に生きている”ことが分っていたのでしょう。

だから遊園地がある右を選んだのです。

 

(成田凌)が言った「あなたは、僕と同じ種類の人間だ」の意味は?

 

恐らく、野は今まで、寂しかったのだと思います。

幼少期のトラウマから脱出できず、そんな自分を理解してくれる人にも出会えず、

1人でずっと、苦しんでいたのでしょう。

現に、彼の「黒髪の女に執着する」という行動には彼なりの理由がありましたが、

周りからは、ただの奇怪な行動としか見られませんでした。

誰も、本当の自分を分ってくれない・・・彼はずっと、孤独だったのです

だから彼は事件を起こしても、誰にも真相は分るはずはない、と思っていました。

しかし、加賀谷(千葉雄大)は真相にたどり着いた。

自分と同じような過去を持っている者にしか、この真相は分るはずはない。

だから、野は加賀谷にこう言ったのですね。

野は、初めて自分を理解してくれる人に出会うことができたのです。

 

富田(田中圭)が、麻美の秘密を知ってもなお、プロポーズした理由は?

 

今までの麻美(北川景子)が、本当に本当に、めちゃくちゃ良い子だったんだと思います。

もう、これしかありません

 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

疑問は、解決できましたか?

 

浦野(成田凌)と加賀谷(千葉雄大)の幼少期の類似点から、

2人は実は兄弟なんじゃないか?

という憶測なども見かけますが、それはないと思います。

本当に、お互い別々の場所で、同じように愛されずに育てられたのです。

 

”未だ過去のトラウマに縛られている”・・・浦野

”現在を生きている”・・・加賀谷

 

こうしてみると、浦野はまだ道の途中なだけなのかも。

作中にはありませんでしたが、加賀谷もトラウマから抜けるタイミングがあったからこそ、

今のような生き方ができているのでしょう。

 

賀谷に出会えたことで、浦野の心にも少し変化があったのではないでしょうか。

 

 

そして、富田がプロポーズした理由ですが・・・私も疑問に思い、めちゃくちゃ考えました。

ですが、もう「めちゃくちゃ良い子」しかないと思います。

 

 

だっておかしいもん。普通しねーもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた♡

 

関連:

【どのサイトよりも詳細ネタバレ】映画「スマホを落としただけなのに」どんな話?への完璧な回答はコチラ!

【彼氏たちに警告※】映画「スマホを落としただけなのに」をデートで観た女の感想はコレだ。

新作映画
スポンサーリンク
ayaneをフォローする
職業、女子大生。映画と人間関係を語る。

コメント