はっきり言えないあなたが、後輩にナメられないようになる方法

人間関係

あなたは、「後輩にナメられている」と感じることはありませんか?

あなたが優しい性格なだけに、ついつい後輩が甘えてしまうんですよね。

 

ですが、そんな状況は、あなたにストレスを与えるだけ!

 

すぐさま変えるべきです。

 

 

では、どのように変えていけば良いのでしょうか?

 

 

120人の代表を務めたことがある私が、そのコツを伝授していきます!

 

 

 

親しみやすさよりも、距離感を作ることを優先する

 

優しいあなたのこと。

ついつい、後輩の話しやすい距離感で話してあげていませんか?

実は、それがナメられる原因となっているんです。

 

おバカな後輩だと、最初は「優しい先輩だなぁ」だったのが、

次第に「あなたと自分は対等な関係だ」と勘違いしだすんですね。

はっきり言える人ならこの勘違いもすぐにビシッと言って正すことができるのですが、

はっきり言えない人だと、上手に正すことは難しいと思います。

 

なので、「あ、こいつ調子乗り始めたぞ」と感じたら、

即座に距離を置くようにしてください

 

何も言わなくていいです。距離を置くだけ!

最初は何も気付かずに話しかけてくると思うのですが、その時は、普段よりも素っ気なく対応してください。

優しいあなたのことだからこれも難しいかもしれないけど、頑張って!!

次第に後輩も、あなたの態度に気が付くと思います。

そして気を遣いながら丁寧めに話しかけてきたら、今まで通りに話してあげる。

 

後輩の態度によって、こちらの反応を変えるのです

 

これで、後輩は「あなたにナメた態度をとると、嫌われるかもしれない」という緊張感を持ちます。

そしてこれが、後輩との本当の距離感なのです。

 

 

メリハリをつける

 

楽しく遊ぶとき。

真剣に仕事に取り組むとき。

 

しっかりメリハリをつけていますか?

 

仕事に取り組んでいるときに後輩から楽しい話題を振られたら、

すぐに後輩のペースに巻き込まれていませんか?

 

そんなあなたのノリの良さも、ときに、ナメられる原因となっているかもしれません。

後輩といるときは、極力、自分のペースを崩さないようにした方が良いです。

せっかく話しかけてくれたのに、嫌われるかも・・・なんて恐れる必要はありません。

 

後輩から作業中に話しかけられたら、

「ちょっと待ってて。これ先に終わらせちゃうから」と笑顔で答えれば良いのです。

 

後輩は嫌な気はしないはずですし、仕事も楽しい話も、しっかり両立する姿はかっこよく映るはずです。

 

 

仕事に対して、こだわりを持って精密に取り組む

 

あなたは、仕事にこだわりを持っていますか?

自信がないから・・・と周りの意見に流されながら仕事をしていませんか?

多数派の意見ばかりに気をとられていませんか?

 

後輩は、見ていないようで、そんなあなたの姿をしっかり見ています。

そして、仕事に対して受け身な姿は、ナメられる原因になります。

 

自分を持っていない人って、正直頼りにならないし、人として小さく見えちゃうんですよね。

どんなに優しい先輩でも、仕事に対して真剣じゃないと、

後輩は「こんなもんか。大したことないな」とすぐに尊敬できる対象からはずします。

反対に、こだわりを持って仕事に取り組んでいる人はかっこよく見えます

こだわりを持つようになると、適切な距離感も同時に保つことができるので、良いことづくしですよ。

 

 

誰もが認める存在から評価を得る

 

実力のある先輩。厳しい上司。

誰もが認める存在の人から、評価をもらう結果を出しましょう。

 

これにより、

あなたは勝手に「手の届かない存在」「憧れの存在」になります

 

多少優しすぎる態度をとっても、滅多に後輩からナメられることはないでしょう。

それどころか、好感度は爆上がりすると思います。

ただし、しっかりと結果を出すことが大切です。

仕事ができなくて優しいだけの先輩は、ナメられる対象です。

 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

優しいあなたは、きっと今まで、後輩との距離感をとることが難しかったのだと思います。

ですが少しの意識で、すぐに適切な関係に変えることができます。

 

偉そうにこの記事を書いている私ですが、実は私にも、後輩との距離感に悩んだ時期がありました。

それは大学で突然、120人の団体の代表になったときです。

 

そんな大役に就くにあたり、”ナメられない先輩になること”は必要不可欠でした。

しかし私の元々の性格は、八方美人で楽観的なのんびり屋。

おかげで、とても苦労しました。

しかし時間をかけて試行錯誤し、なんとかそんな自分を変えることができました。

→ 半年間で120人の心を掴んだ話を、プロフィール代わりにざっくり書く。

 

「他人は変えられない。変えられるのは自分だけ」という言葉がありますが、

まさにその通りだと思います。

 

あなたが変われば、周りも変わります。

 

マジで、本当に、変わります

私のときがそうでした。

 

最初は難しいかも知れません。

ですが、少しずつ。

自分にしか分らないようなペースで良いので、頑張ってください。

 

あなたが成功することを、祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた♡

人間関係後輩
スポンサーリンク
ayaneをフォローする
職業、女子大生。映画と人間関係を語る。

コメント